人気ブログランキング | 話題のタグを見る

うらぶれた通り

嫌いではない--などと言うといささか気取って聞えます。しかし決して好きとも言えない。そんな通りや街角があります。


うらぶれた通り_f0410690_07460028.jpg

神田川のあの歌詞を思い出しそうです。というか思い出しているのですがね、若かったあの頃 何も怖くなかった…。そうです、ここも神田川の近く。どことは言いませんがね。


うらぶれた通り_f0410690_07460863.jpg

住んでいるのは古いアパート。吐息も聞こえる板塀一枚。それはちょっと大げさけど、実際私も駒込のアパート住まいだった頃は二階の若夫婦の声がたまに…。隣りのオッサンのイビキも普通に。まあ、人生ですからある訳ですよ。若夫婦は直ぐに越して行きましたが。いくら倹しくても夫婦で六畳一間は狭すぎるのでした。神田川は三畳一間なのでもっと狭いですがね。住んだところは似ていても、遂に私には神田川のような青春の1ページはありませんでした。草木も生えない殺伐とした人生でした。

その、駒込の若夫婦ですが、カミさんは割とマシなのに、亭主がまさかって感じなんです。きっと、見えないところが良かったんじゃないでしょうかね。余計な話ですが…。


うらぶれた通り_f0410690_07461729.jpg

こっちは熊谷。駅からちょっと歩いたところ。まだあるのかなこのビル。私がバイトをしたデザイン会社もこんな古いビルに入っていました。時々思うのですが、古いビルの古い脇階段が妙にそそるのですね。


うらぶれた通り_f0410690_07462553.jpg

このゴミ。不燃物の日でしょうか。以前から何度か申し上げています。それで何とか食べて行けるなら、こんな古いビルのなかにある萎れた会社で仕事をするのも悪くないと。悪くない--という言い方もまた斜めですが、決してそれが良いとも言えない微妙な部分です。デザイン会社はもう懲りごりですがね。

うーんしかし、ちょっと中に入ってみたいですね。どんな感じかな。

ブラッと以前に散歩したなかからの写真でした。たまに八木橋でも行ってみようかな。

by yumewomitamae | 2023-12-03 07:58 | 写真 | Comments(0)