人気ブログランキング | 話題のタグを見る

青い樹林

確かロシアだったと思いますが、こんな感じで描く作家さんが居られまして、その雰囲気には随分憧れるものがあります。油彩と水彩の違いはありますが、絵画的に時としてトライしてみたい思いに駆られます。


青い樹林_f0410690_09232929.jpg


勿論、比較はナンセンスです。あちらは世界レベルです。成るほどの作家さんたちは一目でそれだとわかる描法を身に着けています。我慢強い修練と長い経験が必要でしょうね。多分私よりは若いと思うのですが、世界を眺めると本当に惚れ惚れする絵描きさんで溢れております。




ブルーとか紫系は昔から好きなのですが、紫色が好きだというのはちょっと怪しいとか書いてあったのを見たことがあります。前のブログでも描いたかな。まず余計なお世話ですが、そういえば遥かなむかし、iMacを買ったときに(昔はMacユーザーでした)色は紫と言ったら店員がちょっと笑った記憶があるのですよ。紫っていう人、少ないのかな。当時のiMacの売りはボンダイブルーでして、あの辺なら一般に好まれる色なのでしょうかね、似たようなものだと思うのですが。

にしても、ブルーな日とか、どうしてブルー系は不安を表すようになったのでしょうか。私は昔はダークファンタジーを好んで描いていて、今でもアンダーな絵が割と好きです。子供時代は毎日ブルーでしたしね。今もそうですけど。取り留めのない話ですが。

------------------

ということで、先日来トラブッている仕事の話ですが、遂に納期が過ぎてしまいました。私にはわかりませんがこれは結構大変なことのようで、どうするのかという返事もらえないままです。一旦会議を持ったらしいですが、どうもピントの外れた結論を出したみたいで、間に入っている人も迷いに迷っていて、どうなるのか分からなくなってきました。返事が来ると直ぐにかからないといけないのでちょっとした外出もできない。その返事のピントが合ってればいいけど。

詳しいことは言えませんが、私もサラリーマンだった時に苦しいことが何度もあったので、きっと誰かさんが大変なのでしょね。精神状態は大丈夫なのかなと、ちょっと思ったりします。

早くすっきりしたいものです。

by yumewomitamae | 2023-12-01 09:35 | アート | Comments(0)