人気ブログランキング | 話題のタグを見る

六地蔵は聞いたことがありますが

道路沿いで見かけた何と言うことのない散歩の写真ですが、ちょっと不思議に思ったものですから…。


六地蔵は聞いたことがありますが_f0410690_23365079.jpg

いわゆる、六地蔵と言うのは聞いたことがあります。散歩をするとあちこちで見かけます。地獄道、畜生道、餓鬼道、修羅道、人間道、天道のそれぞれで私たちを救済してくれるそうです。しかしこれは横に一つ別があるようです。どういうことなのでしょう。

調べてみると、世に--七地蔵--というのがあって、六地蔵に延命地蔵が加わったものだと説明されています。すると左に見えるのは延命地蔵でしょうか。




六地蔵は聞いたことがありますが_f0410690_23365753.jpg

それにてもどうして横を向いてなさるのか。わざわざどうして横向けなのか、そっちは板塀で狭いのに。きっとそれなりの理由があるはずですがしかし、付近には何の説明もありません。お供え物もちゃんとされてあって、近所にはお堂もあるので、そちらの管理でしょうか。しかしそのお堂にも詳しい説明はありません。


六地蔵は聞いたことがありますが_f0410690_23371803.jpg

ここには真向かいにも別のお地蔵さんがあります。お供え物もちゃんと変えられている気配です。これだけお祭りしてあるのだからきっとそれなりの深い理由もあるのでしょうね。

過去のブログで、思いがけない所にポツンとあるお地蔵さんには願い事をしてはいけないとかがあるようだと書いたことがあります。供養のためのお地蔵さんはきっとそうなのでしょうね。

しかしここの謂れはなんでしょうね。今度訪れた時は近所の店で何か買って訊いてみようと思います。先ほど延命地蔵と言いましたが、他には阿弥陀さんだというのも見かけましたし、よくわかりません。御地蔵さんも他に水子地蔵とかもあるしで、人間の都合で色々作られたのでしょうか。仏様の世界も種類が色々あって結構ややこしいのですね。

----------------------------

本日も余談です。

先日、苦労してようやく納品した仕事が、あちらの手違いで別図面が送られてきたことが判明してガックリきております。よく似ているので勘違いしたみたい。すると新規にやり直し。ああ、同じことを二度やるのか。しかも時間がない。

手違いというのは間に入っている担当者なのか、その上、つまり企業側なのか分かりませんが、とにかく土日を挟むので詳しいことが訊けない。担当者も随分参っているそうで、そうなるとこちらもあまり強いことは言えない。しょうがないなって感じなのですが、どうなるかは月曜日まで分かりません。

労働分は請求させてもらいますよと念を押しているけど、合計するとかなりになってしまいます。渋らないで払ってくれるのか、どの道も地獄でございますね。

嫌な予感がしたのですよね。待ち時間で一杯やりに行くか。

by yumewomitamae | 2023-11-25 23:52 | 写真 | Comments(0)